マリモの群生地「チュウルイ湾」について

チュウルイ湾は阿寒湖の北側にある湾(入り江)であり、大型の球状マリモが群生する場所のひとつです。

もう一つのマリモ群生地であるキネタンペ湾の西側に位置します。

現在は世界最大の球状マリモの群生地と言えます。

チュウルイ湾の地形と水深

阿寒湖にあるマリモの群生地の地図
阿寒湖チュウルイ湾におけるマリモの湖岸打ち寄せ・打ち上げ機構に関する考察 山本省吾 若菜勇 中瀬浩太 島谷学

チュウルイ湾にはチュウルイ川およびポンチュウルイ川の2つの川が流れ込んでいます。

チュウルイ湾に浮かぶチュウルイ島にはマリモ展示観察センターがあります。この施設には水槽の中に入った本物のマリモが展示されており、それを間近で見られる貴重な場所です。

チュウルイ湾は大きな球状マリモができやすい?

チュウルイ湾にはキネタンペ湾では見られない直径20cm以上のマリモが生息していることが確認されています。

マリモの総量もキネタンペ湾に比べて多いそうです。しかし、小型の球状マリモの数はキネタンペ湾の方が多いとされています。

まりこの住んでるところだも!

得意気なまりこちゃん

参考

マリモの群生地「チュウルイ湾」について」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)