小型エビ(レッドチェリーシュリンプ)はマリモを食べる?

スカーレットシュリンプホロホロシュリンプピクシーシュリンプ)、レッドチェリーシュリンプ(カワリヌマエビ属の淡水エビ)などの小型のエビとマリモを一緒に飼育している画像や動画がネット上では見られます。

また、エビとマリモがセットになった飼育瓶が販売されています。

マリモがエビに食べられてしまうのではないかと心配になりますが、大丈夫なのでしょうか?

エビは何を食べている?

レッドチェリーシュリンプはマリモ自体を食べるわけではなく、マリモの表面に発生する苔などの微生物を食べると言われています。

The Red Cherry Shrimp will not eat the Marimo Moss Ball per se, but the shrimp will eat the little bits of food that that get trapped in the fibers on it’s surface. Essentially, a Marimo Moss Ball acts like a dinner plate in a Red Cherry Shrimp tank.
Keeping A Red Cherry Shrimp Tank for Freshwater Setups
[訳]
レッドチェリーシュリンプはマリモ自体は食べませんが、マリモ表面の繊維に絡まった少量の餌を食べます。本質的には、マリモはエビの水槽における食事の皿のような役割を持ちます。

スカーレットシュリンプは、エビの中でも潮だまりのような場所で集まって生活できる種類なので、水が長期間変わらない場所で留まっていても問題なく、底や壁面に発生するバクテリアや微生物、コケなどを食べることができます。
そのため特別にエサを与える必要はないのです。
マリモ表面に発生する微生物なども大好き
KBO これまで以上に楽しいスカーレットシュリンプとは!?: 熱帯魚 カミハタビジネスオンライン

本当に全くマリモを食べないのかどうかは検証が必要だと思われますが、実際に大量のエビとマリモを飼っている動画などを見る限りでは目に見えてムシャムシャ食べられることはないようです。

しかし、エビの種類によってはマリモを裂いてしまうことがあるそうです。ヤマトヌマエビがそうであるとされます。

Shrimp love to graze on moss balls and will pick at them, however beware that Amano shrimp have been known to tear up moss balls.
Marimo Moss Ball / The Shrimp Farm
[訳]
エビはマリモに身体を擦り付けたり引っ掻いたりするのが好きですが、アマノシュリンプ(ヤマトヌマエビ)はマリモを裂いてしまうことが知られていますので注意が必要です。

マリモと戯れる小さなエビは見ていて癒やされます。

ですがマリモと一緒にエビを飼う場合、両方の生物に住みやすい環境を維持しなければならないため飼育難易度は上がります。

安全に育てる自身がなければ、別々の容器で育てる方が無難だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です