南極にマリモ?南極マリモとは?

南極のスカーレン大池には、マリモに似た球状の藻類が生息しているとされます。

南極マリモ」と呼ばれているそれは、外側が緑色ではなく、内側が緑色をしているという変わった特徴があります。冬に強風によって陸上に打ち上げられ、周辺地域の生態系の維持に関与していると考えられています。

平たい楕円状で、外側は茶色であるようです。

昭和基地からヘリコプターで約30分のところにある「スカーレン大池」に日帰りで出掛けた。
……
近くの池を歩くと、水辺には何やら茶色い皮の中に緑色のあんが入った和菓子のような、ぶにょぶにょしたものがたくさん並んでいる。後から聞くと、藻などが集まった「南極マリモ」と呼ばれるもののようだ。
47NEWS スカーレン大池(1月15日)

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です