マリモの寿命はどれくらい? 100年以上ってホント?

マリモは長生きであると考えられています。しかしながら、現在のところ球状マリモの正確な寿命の記録は確認できません。

しかし、マリモが直径10cmになるには15年以上かかると考えられており、大きなものはもっと長生きであると予測されます。

Marimo appear to have an extraordinarily long lifespan, with literature citing that natural balls are formed over ‘many years’ [10] and commercial suppliers advertising prised ornamental specimens over 10 cm in diameter, which are reportedly grown over a period of 15 or more years. This suggests a long lifespan of any proposed bio-artificial constructs.
Marimo machines: oscillators, biosensors and actuators

球状マリモは崩壊と再生を繰り返すため、その球体を構成するひとつ一つのマリモ(藻)の寿命とは異なります。

生活環境によっても成長速度は異なります。

したがって単純には計算できませんが、以下の記事でも記述したように、大きな個体となるには10年単位の時間が必要と考えられています。

マリモが大きくなるにはどれだけの時間がかかる?

噂では数百年もの長い期間生きているマリモもあるとされます。

しかし、これも出典となる情報源が確認できないため、あくまで噂です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です