マリモには時間がわかる?

光合成によって昼には水面に浮かび夜には湖底に沈むと詠われるマリモですが、昼夜の日光のリズムが重要であるようです。

マリモは藻ですが、他の動植物と同じように体内時計を持っていることが実験により示唆されています。

自然に降り注ぐ光のリズム(12時間ごとの明暗)にいたマリモを一定の赤い光が当たる環境に移し数日置いた後、自然環境と同じように朝に明るい光を浴びるマリモのグループと日中に明るい光を浴びるマリモのグループの二つに分け、光合成の程度を調べた実験があります。

その結果、自然環境に似せた光の当たり方をさせたマリモの方が早く光合成による酸素の泡によって浮いたと報告されてます。

The marimo were exposed to 12 hours of darkness and 12 hours of light during the day, then transferred to an environment with constant dim, red lighting for a few days.
When the researchers then exposed these algae balls to bright light at the beginning of the day—mimicking the natural light cycle—they found that the marimo floated to the top of the water quicker than they did if they were exposed to bright light in the middle of the day. Basically, the marimo had jet lag.
Scientists Have Figured Out Why Marimo Balls Float—But Only During the Day | Mental Floss

マリモには時差ボケ(jet lag)がある、と書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です