マリモのような緑の肉まん「まりもまん」について

マリモをイメージして作られた食品「まりもまん」について紹介します。

まりもまんは「マリモでくしろを盛り上げ隊」「阿寒ご当地グルメ活性化協議会」「食肉工房よしやす」の3つの団体によって共同開発された釧路のご当地グルメです。

エゾシカ肉を使った肉まん「まりもまん」まりもまんのパッケージイメージ

まりもまんは、普段はなかなか口にすることのできないエゾシカの肉が使われた肉まんです。中の鹿肉が70g、皮が80gの計150gであり結構な食べごたえです。

このエゾシカ肉は、釧路市阿寒町の「阿寒グリーンファーム」にて管理され育てられたエゾシカが使用されています。

鹿肉はデミグラスソースで味付けされており、肉まんの皮の緑色は国産のクマ笹を使用しているそうです。皮の生地は北海道産の小麦100%です。

阿寒湖周辺ではエゾシカが貴重な樹木を食べてしまうことが問題となっており、捕獲したエゾシカを有効活用するために鹿肉の利用が計画されたそうです。[1]財団レポート「エゾシカ問題の現状と課題」 | 前田一歩園財団

地元を盛り上げるグルメ製品になると同時に環境問題の対策にもなるプロジェクトと言えるのではないでしょうか。

釧路のお土産の他、「食肉工房よしやす」のオンラインストアでも購入することができます。

マリモのような緑の肉まん「まりもまん」について」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)