令和2年(2020年)のマリモニュース一覧

令和2年(2020年)に報道されたマリモに関するニュースの一覧です。

特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の繁殖生態を解明

マリモが遊走子(胞子)によって繁殖することが報告されました。

着生型マリモは胞子を出しますが、球状マリモはほとんど胞子さずに糸状体を維持するため丸い形が保てるのだと考えられています。

特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の繁殖生態を解明~絶滅が危惧されるマリモの保全に大きく前進~(地球環境科学研究院 教授 大原 雅)

新型コロナウイルス感染対策のため、まりも祭りの規模を縮小して実行

10月8日〜10月10日の三日間開催されるまりも祭りですが、感染症対策のため「まりも踊り行進」「まりもを迎える儀式」「まりもを護る儀式」は中止となります。

2020年度まりも祭りの内容の一部縮小・変更についてのお知らせ | 新着情報 | 釧路・阿寒湖観光公式サイト SUPER FANTASTIC

球状多孔質ナノ粒子「MARIMO」を配合した歯科接着剤が発売される

高知工科大学と宇治電化学工業が量産技術を確立した素材「MARIMO」を用いた歯科接着剤が販売されました。MARIMOに関する詳細はこちら

高知発の超極小粒子「マリモ」配合の歯科接着剤 ヤマキン開発|高知新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です