まりも号脱線事件(急行まりも号事件)とは?

まりも号脱線事件急行まりも号事件)は、1951年(昭和26年)の5月17日午前1時過ぎに起きた未解決事件です。

まりも号脱線事件の詳細

北海道新得町の旧国鉄根室本線(当時)にて、釧路駅発・函館駅行きの「急行まりも号」(4列)が脱線する事故が起こりました。

列車が狩勝峠の麓にある中薪内川に架かる鉄橋である新内第一橋梁(通称「まりも橋」)を通った時に、先頭の蒸気機関車などが脱線を起こし、築堤に転落してしまいました。

この事故によって機関士2人が軽傷を負いましたが、幸いにも乗客約470人は無事だったとされます。

後の調査でレールの継ぎ目板が何者かに切断されてズラされていたことが確認され、事故ではなく何者かによって引き起こされた事件であったことが判明しました。

警察は捜査を行いましたが、現在もその犯人は不明のまま事件は迷宮入りしてしまっています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です